d(変更してください)

注射

食事を整えて妊娠力をアップ

妊娠しやすい体づくりをするには様々な面から取り組む必要がありますが、中でも食事の占める割合も大きくなります。妊娠力をアップさせるには、生理周期を整え、血行を良くする食材を選ぶことが大切です。古い血がたまると子宮の働きが弱まり、婦人科系疾患も引き起こすことにもなります。 妊娠しやすい体になるには、血を増やして流れを良くする効果のある赤い食材と、ホルモン力を高める黒い食材を意識的に食べると良いと言われています。 赤い食材の代表は、サバ、カツオなど赤みの魚(青魚)、羊や牛などの赤身の肉、トマト、パプリカ、にんじん、クコの実、なつめなどです。 黒い食材とは、黒米や黒ゴマ、黒豆などが挙げられます。 普段のご飯に黒米を大匙1プラスしたり、サラダにクコの実を入れてみるのも良いでしょう。

「血を増やす」赤い食材と黒い食材

妊娠しやすい赤い食材と黒い食材を効率的に摂取できる料理として、働く女性に嬉しい簡単で手軽なサバ缶やトマト缶を利用してみるのも良いでしょう。缶詰は安売りの際にまとめ買いをしておけば経済的ですし、賞味期限も長いためストックしておくことが可能なのも嬉しいです。 例えばサバ缶を使った「ミートソースパスタ」や「トマトカレー」など様々な応用も可能です。このようなサバとトマトの料理に付け合せを加えればさらに良いでしょう。海藻やきのこなどデトックス効果のある食材で、子宮の働きを妨げるストレスを和らげてくれることが期待できます。 またサラダなど生食にはアルファリノレン酸が豊富なフラックスオイル(亜麻仁油)を使うと、さらに妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加