地デジアンテナを設置する業者は修理も可能!

地デジアンテナ設置は優良業者に任せて安心~慎重に設置してくれる~

地デジアンテナを設置する業者は修理も可能!

アンテナ

地デジアンテナの設置場所とそれぞれの特徴

最も普及している地デジアンテナは八木式アンテナです。安価で手に入り、受信感度が高いものでも1万円程度で購入できます。しかし屋根の上に設置するので天候で映りが悪くなったり飛来物の衝突で壊れるリスクがあります。八木式アンテナ同様に外に設置するアンテナはもう一つデザインアンテナがあります。八木式アンテナが景観を壊すとして苦手意識のある方が選ぶアンテナです。形や色が豊富にされており、一見しただけではアンテナとはわかりません。室内にアンテナを設置したい場合は室内用アンテナを購入しましょう。設置が簡単で工事も不要です。ただし壁に遮られる分、得られる電波は弱くなります。場合によっては高性能なアンテナの購入が必要になります。

地デジアンテナを扱っている業者とは?

取り扱う業者は個人から大手までたくさんあり、家電量販店の店頭でも申し込むことができます。アンテナ自体の価格は性能でそれほど変わりませんが工事費用が業者によって異なります。必ず複数社から見積もりを取り、内容の説明を受けて業者を確定しましょう。見積もりが不明瞭なところは作業もいい加減なことが多いので見極めのポイントです。またアンテナを買って施工業者を探すよりは施工業者から工事費用込みの値段でアンテナを買う方が安く済みます。取り付けられるアンテナが決まっている業者もいるのでまずは自分がどんなアンテナをどこに取り付けたいかを明確に決めておきます。BS・CSのアンテナの設置予定もあるときは一緒に頼んでしまうとより単価を下げることができます。

設置だけでなく修理も依頼できる

丈夫にできているアンテナも何かの拍子に傾き、折れてしまうことはあり得ます。壊れたら買い替えるのも手ですが業者に修理依頼もできます。新規購入を進められることもありますが金額と使用年数で決めましょう。新しいものなら修理した方がお得です。アンテナの状態次第ですが修理にそれほど時間はかかりません。また、多少傾いたくらいなら自分で直したくなりますが業者を頼む方が確実で安全です。なぜならアンテナの設置は高所作業となり、少なくとも2人の人間で行う必要があるからです。人が安全でも屋根を傷つけて雨漏りがしては余計な出費を招きます。屋根の修理費用はアンテナの何十倍もします。下手に触るよりは初めから業者に修理を任せるのが賢い選択です。

地デジアンテナ設置の流れ

問い合わせから始まる

業者に問い合わせる際に設置したいアンテナが決まっていないのならどのアンテナでも設置できる業者にしましょう。この問い合わせの際の対応がそのまま設置の対応にも表れます。対応のきめ細やかさや丁寧さも同時に確認しておき、疑問を持った場合はその業者は避けるほうが得策です。

工事のための現地調査

外に設置する場合は屋根への上がり方や高さを確認し見積金額を左右する要素を確認してくれます。電波状況が気になるときは電波状況の調査も一緒に頼んでおきましょう。要望があればこの時に言っておくと見積もりに反映してもらえます。見積もりのやり直しにならないよう要件はすべて出し切ります。

見積もりの内容確認

作業費が一式などでまとまっていると金額の妥当性が判断できません。可能な限り細かい明細で出してもらいましょう。説明があやふやな会社はぼったくられている可能性が高いのでその時点でお付き合いは避けた方が無難です。根気よく問い合わせに付き合ってくれる業者なら工事もスムーズに進みます。

見積もりの内容で契約

見積内容で問題なければ契約締結です。工事日程の打ち合わせもここからスタートします。1回の工事で少なくとも1時間程度は必要になります。何度も日程調整をしなくて済むようにしっかり予定を確認しましょう。引っ越しが増える時期などは繁忙期で対応が遅くなることがあります。引っ越しを伴わない単なる交換や修理であれば時期をずらすと予約が取りやすくなります。

工事完了は電波が届くまで

アンテナを正しく設置しても微妙な向きや遮蔽物の影響で正しく電波が入らない可能性があります。その際は改めてアンテナの向きを変えてもらう必要があるので施工完了後は必ず電波の入りを確認してもらいましょう。まれにアンテナではなく遮蔽物の影響で動作が安定しないこともあります。その際はブースターで受信した電波を増幅するなど追加の対応が必要です。

広告募集中