庭を綺麗にすれば家の雰囲気も変わる!エクステリア工事をしよう

イス

エクステリアが人気の理由

家の外観と同レベルで注目されているのがエクステリアです。庭に何を植えるのかから外壁やカーポートまで広い意味で家の外をコーディネートすることを意味します。
実用性の中にデザインの遊び心を入れられるので人気です。たとえばカーポートであれば落下物や紫外線から車を守ることを目的としています。それをウッド調、シックな雰囲気などデザインにもこだわればそれだけでも家の印象を大きく左右します。
来訪者がまず目にするのは家の外です。大事な家を庭の雰囲気で一層素敵に見せることができます。家はそのままにエクステリアで家の佇まいを違って見せることも可能です。
買った時や建てたときのイメージを参考にして家の外も手を抜くことなくコーディネートしましょう。

エクステリアで憧れの庭を手に入れる

庭に望むものは人それぞれで皆が自分なりのアレンジを加えています。お気に入りの植物を植えればいつでも目を楽しませてくれ、家の中からでも四季の移り変わりを実感できます。子供がいれば安全な子供の遊び場になるでしょう。リタイアした後,始める家庭菜園のフィールドにもなります。窓から庭が見える家なら訪問者を自慢の庭の眺めでもてなすことも可能です。憧れの庭を一度作った後は人生の大きなイベントとともに庭を作り替えるくらいの気持ちを持つと手入れもしやすくなります。作った当初の庭をそのままにしておく必要はありません。場合によっては工事が必要になりますがライフスタイルに合わせて理想の庭に作り替えるのも楽しんで庭をメンテナンスする秘訣です。

ウッドデッキの魅力

自宅にウッドデッキを作ると癒しの空間を手に入れることができます。木の表面は光の反射を和らげ目に優しい光を作ってくれます。独特の香気を持つ木を素材に使えばリフレッシュとリラックス効果が期待できます。温まりすぎることがないので夏でも上を歩くことができ、優しい肌触りが続きます。人工の製品では出せないぬくもりは木だからこそ得られるものです。木が響いて奏でる足音も素敵な響きで上を歩くのが楽しくなります。ウッドデッキの上で五感を研ぎ澄まし、ゆったりとした時間を送ることができれば普段の喧騒も忘れることができるでしょう。休日に遠出する体力や元気がなくても自宅のウッドデッキに出るだけで自然の中でリラックスタイムを過ごすことができます。

大阪でエクステリアを行う流れ

要望を確認する

施工業者はまずヒアリングと現地調査を依頼される場合が多いです。特に大阪のエクステリア業者はヒアリングのイメージ写真を持ってくることを進めてくれます。言葉だけでなく明確なイメージで話が進むので認識齟齬が少なくなります。現地調査では法律上問題ない施工ができるかを確認してくれます。

プランニングを行う

ヒアリングと現地調査の結果から望みをかなえられる最適解を提案してくれます。ここですべてが決まると言っても過言ではないので気になることは全て確認しましょう。思っているものと少しでも違う場合ははっきりとその要望を伝えます。プランをしっかり検討して決まった後はその情報で見積もりを行います。

施工開始後も報告をもらう

契約して施工にとりかかった後も定期的に報告を受けましょう。作業の状況を知ることができると同時に欠陥工事を防ぐ抑止力にもなります。特に完成した後の確認は念入りに行います。プランと異なる点があれば速やかに指摘し直してもらいましょう。時間が経ってしまうと責任の所在があいまいになり、本来契約の範囲内である部分も直してもらえない事態が発生します。

腕の良い業者の選び方

設置経験の多い業者であればノウハウがあり失敗する確率が少なくなります。ホームページなどで情報を公開していることもあるので読んで損はありません。ホームページを持っていない場合はさりげなく実績を聞いてみましょう。必ずしもエクステリア専門業者の中から選ぶことはありません。気に入った建物を建てた施工業者に依頼をするのもありです。

エクステリアとガーデニングの違い

手軽なのはガーデニング

ガーデニングもエクステリアの一部です。庭に花を植えて華やかにしたリ建物を取り巻くイメージを変えることができます。花の苗や植木鉢で整える程度なら一日で十分作業が完了します。植えた後は順調に花が育つのを見守るだけです。小さな規模から始めて徐々に庭全体に広げていきましょう。植える植物の種類を増やすときは組み合わせにも注意して選びます。

庭の形を大きく変える

エクステリアは庭と外を隔てる外壁に手を入れたり家の縁側部分にまで手を入れることを含む場合が多いです。自分で行うことは難しく、専門業者に頼むのが確実です。要望を伝え、見積もりを取り施工してもらうので少し手間がかかりますが庭の印象ががらりと変わります。イメージチェンジを図ることにもなるので現状の庭でやりたいことをやりきってから行うのが理想です。

広告募集中